健康の質

細胞の活性化にプロポリス

天然の抗生物質といわれているプロポリス。
その特徴の一つに、抗酸化作用がある。
これにが体内の活性酸素を除去することによって、様々な身体にとって良い結果となるのだ。
そもそも活性酸素が増えすぎるとどういった悪影響を及ぼすのかというと、活性酸素は増えることで風邪を引きやすくなったり、内臓系の機能が低下したり、ひいてはガン細胞が活性化し発ガンへのリスクが高まるのだ。

抗酸化作用はこれらの原因を取り除いてくれる頼もしい効能なのだ。
通常、ガンの治療には抗がん剤や放射線治療といった方法が取られる。
これらには大きな副作用がついてくるが、一方プロポリスは自然のものであるからしてそもそも副作用自体が無いし、あっても軽度なものである。
またプロポリスは免疫力を高める働きもあるため、近年では免疫力アップを目的とした治療に使おうという試みが考えられている。

また、この抗酸化作用は、女性にとって嬉しい働きも持っている。
アンチエイジング効果だ。
実は老化の原因は体内に増えた活性酸素なので、それを除去する働きの抗酸化作用は老化の原因も取り除いてしまうのだ。

抗酸化作用という、体内の悪性物質を除去する身体にとってとても良い効能があるプロポリス
風邪を引かないため、先々の健康のためにも、細胞の活性化は大変重要なものである。

このページの先頭へ