健康の質

プロポリスは飲みやすい

プロポリスといえば、匂いや味が特徴的で決して美味しいものではない、というのが一般的な認識だろう。
実際、樹液と蜜蜂の唾液から作り出されるプロポリスは、松脂のような味がする。
初見ではあまり美味しいとは思わない人も多いだろうし、匂いも独特のため躊躇してしまうかもしれない。
だが、これに慣れてくると少しお香のように感じられ、リラックスできるようになるといった人もいる。
実はこの特徴的な香りはアルコールで抽出したプロポリスに現れるもので、気持ちをリラックスさせるフィトンチッド効果というものを持っている。

はじめはこの独特の感じに慣れず、美味しく感じないから少し苦痛に思うかもしれないが、工夫することによって美味しく飲むことができる。
例えば、水やジュース、牛乳で割って飲む方法だ。
体調に合わせてプロポリスの量を変えて、多目の水やジュース、牛乳などにプロポリスを入れてよく混ぜて飲むと、味や匂いが気にならないだけでなく、全身に効率よくプロポリスを行き渡らせることができるのだ。

また、どうしても味や匂いが気になる場合には、カプセルで飲むという方法もある。
市販などで販売している空のカプセルを用意し、中に液体プロポリスを入れるだけでプロポリスカプセルができる。
これだと味や匂いは全く感じないし、気軽に摂取できるので非常に飲みやすい。

取っ付きにくい印象のプロポリス。
だが工夫をすることによって飲みやすくなるのだ。
色々な方法を模索し、自身に一番合った方法で取り入れてほしいものだ。

このページの先頭へ