健康の質

プロポリスの産地と抽出法を分析

プロポリスの産地は世界中に多々ある。
代表的な国はブラジル、ニュージーランド、オーストラリアや中国、イギリス、エジプトなどである。
また、日本でも僅かに採取を行っているが、そのほとんどは市場には出回らずに研究に用いられている。

世界で一番採取量が多い国は、ブラジルhttp://csschest.com/ryo.htmlである。
気候や植物、その地に住む蜜蜂の特徴など、様々な要因が重なって採取量の多さに繋がっているのである。

蜜蜂が作り出すプロポリスは、最初は原塊の状態であり、それを抽出することによって我々が目にするプロポリスへとなる。
このプロポリスエキスの抽出法には様々ある。
この抽出法は様々あり、主なものとしてはアルコール抽出法、水抽出法、ミセル化抽出法、アルコールと水の二段階抽出法、超臨界抽出法などが挙げられる。

中でも有名なのは、アルコール抽出法であろう。
原塊をアルコールに浸し、ゆっくり時間をかけて攪拌していくというものである。
また、原塊の成分を十分に抽出するために、更に水抽出法も加えることもあり、これを二段階抽出法と呼んでいる。
抽出法には様々種類があるが、それぞれに利点があり、目的によって使い分けるのである。
このように目的別で使い分けることで快適に対応できるのである。
気になるプロポリスとがんについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ